消臭除菌400、美容と健康のショッピングサイトNIK SHOP

head.jpg

ようこそ!(社)NIKのサイトへ!お気軽にお問い合わせください。

NIKは、助け合いの心を基本としNPOやボランティアのネットワーク構築を行っています。

一般社団法人 新産業喜働推進機構 (社)NIK

〒195-0061東京都町田市鶴川6-8-13-502 電話046-280-5683 FAX046-280-5682 ようこそ!
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

HOME > pure-ash

SALE053.BMP

元気な毎日のためのサプリメント水素焼成サンゴカルシウム
ピュアアッシュ ¥5,250(税込)

●送料・代引き手数料はお支払いとお届けページをご確認ください。

pure-ash-icon.jpgpsuiso-capusel.jpg

60tubu.gif5250.gif

【ピュアアッシュ※フランス語で水素という意味です】
原料100%使用した製品です。他社製品のように余計な材料と混ぜたりしていません。ピュアアッシュのおすすめ理由として、発生するマイナス水素イオンが人間の体に害を及ぼす活性酸素と結びつき、無害化するという「還元作用」が期待されています。

マイナス水素イオンとは?

マイナス水素イオンを特殊製法で天然サンゴパウダーに固定化することにより、有害な活性酸素のヒドロキシルラジカルを特異的に除去できる「食べる水素」水素焼成サンゴパウダーが日常の生活に手軽に取り入れられるようになりました。通常水素原子は、K軌道に一個の(e)が入っていてHとなるが、水に溶解するときには、H→Hプラス+eマイナスのように解離して、電子を一個放出してH+になる。マイナス水素イオン(H-)の場合、K軌道に2個の電子(e-)が入っていて、H-になっています。Hプラス+Hマイナス→H2↑(水素ガス)となる事で、マイナス水素イオンの存在が証明できます。
(岩波書店の理化学辞典より)

pcal.jpeg

水素は最強の活性酸素除去物質

●物質が酸化(サビること)することを酸化反応、それと相反して酸化反応を抑えることを還元反応(抗酸化)といいます。最強の酸化物質は、酸素、特に暴れものになってしまった活性酸素です。そして、それを抑える最強の抗酸化物質が水素なのです。

水素は穏やかな物質で他の物質に傷害を与えることはありませんが、体内で暴れ回る活性酸素を強力に抑えることから、別名を「活性水素」と呼ばれることもあります。自然界で最も小さな原子である水素は、どこでも通過することができますので、生体内での自然の抗酸化物質として大きな期待がよせられています。

最近、注目されている研究は、日本医科大学大学院の太田成男教授らによる過剰の活性酸素を水素で効率的に除去できることを動物実験で立証したデータです。特に、酸化力の最も強いヒドロキシラジカルという活性酸素を、特異的かつ効率的に除去できることが実験データとして発表されたのです。

ICOB056.BMP

ピュアアッシュでさびにくいカラダを目指せ!

00beffore-icon.jpgpsuiso-test.jpg
※ピュアアッシュを入れたクリップ(右)は錆びませんでした。

病気や老化の原因となる活性酸素とは

活性酸素による身体のサビは、老化や万病の元です。呼吸によって体内に取り込まれた酸素の約3%は活性酸素という非常に反応性が高く、障害性の強い酸素になります。活性酸素は身体に重要なタンパク質、脂質、核酸、遺伝子、DNAなどを傷つけて、生体を無差別に損傷していく原因物質です。

●酸素の消費量の多い人ほど活性酸素が大量に作られ、それだけ病気の発症や老化が進んでいくと考えられています。通常、呼吸によって肺に取り込まれた酸素の約80%は、血液に運ばれて、細胞の中のミトコンドリアで栄養素を燃やすために使われます。その過程で酸素は電子を受け取って最後には水になって安定化しますが、ミトコンドリアの中で酸素はすべて水に還元されるわけではなく、約3%が電子一個を失ってフリーラジカル(広義の活性酸素)になってしまいます。

本来、電子は軌道で対を形成している時がエネルギー的に最も安定した状態になりますが、電子を失った活性酸素は、非常に不安定で他の分子から電子を奪い取って自分も安定になろうとし、凶暴な物質になってしまいます。学術的にフリーラジカルとは、「不対電子をもっているために、他の分子から電子を奪い取る力が高まっている原子や分子」と定義されます。フリーラジカルとなった活性酸素は、細胞内のミトコンドリアで作られる以外にも、肝臓やミクロソームで、薬や農薬などの毒物を解毒するとき、臓器移植や血栓などで、一時的に血流が止まって再び流れ出すとき、白血球が細菌を殺すとき、放射線や紫外線を浴びたとき、糖尿病などでタンパク質が糖化されたときなどにも発生することがわかっています。また、生活環境では、たばこの煙や大気中の窒素化合物などからも体内で発生することも解明されています。

そして活性酸素は、細胞膜のリン脂質や遺伝子のD N A、タンパク質などを傷つけることによって癌、動脈硬化、炎症、リウマチ、脳疾患、糖尿病・・・といった多くの生活習慣病や現代病の引き金になります。

また、老化の原因もD NA・蛋白質・脂質など細胞を構成する成分の活性酸素による障害の蓄積が老化を促進するという「老化のフリーラジカル説(エラー蓄積説)」が注目されています。

pgen-in.jpg

<水素は最強の活性酸素除去物質(抗酸化物質)>
物質が酸化(サビること)することを酸化反応、反して酸化を抑えることを還元反応(抗酸化)といいます。過剰な活性酸素の異常な振る舞いが、体に様々な悪さをして、病気を発症させたり、老化を早めたり、健康被害の大きな原因であることは数多くの研究成果が発表されています。その酸化物質である活性酸素を抑える最強の抗酸化物質が水素なのです。水素は穏やかな物質で他の物質に傷害を与えることはありませんが、体内で暴れ回る活性酸素を強力に抑えることから別名「活性水素」とも呼ばれております。

pdeni-test.jpg
<還元電位測定>
酸化還元電位+660ml の水道水に投入した後の酸化還元電位(ORP) の変化
10 分後-18mV、1時間後-91mV、16時間後まで-47mV を維持、長時間の水素イオンの放出確認。
水素イオン濃度:pH9.9【水素王焼成サンゴパウダーと他社パウダーとの比較検討】
<還元電位測定>他社水素パウダー
+570mV-33mV 差引603mV
ピュアアッシュパウダーは+660mV-18mV 差678mV となり12.4% 上回る結果となった。
<他社水素パウダー>
pH11.85 の強アルカリ、ピュアアッシュパウダーはpH9.9 と下回りより安全といえる。
<ピュアアッシュパウダー>
原料にシリカやゼオライトを使用せず、毎日摂取しても無害と言える。
<固体マイナス水素イオン>
水素の固形化は困難とされてきましたが、近年サンゴカルシウムを使う固形化技術が確立されました。
このサンゴ末から発生する「マイナス水素イオン」は還元力、持続力とも従来の水素とは比較にならないほどスペックが高いものです。
<医学的データ検証>
日本医科大学大学院の太田成男教授らによって過剰な活性酸素を水素で効率的に除去できることを動物実験で立証しました。特に酸化力の最も強いヒドロキシラジカルという活性酸素を特異的かつ効率的に除去できることが実験データとして発表されました。強い酸化力でタンパク質や遺伝子などにダメージを与えガンや生活習慣病を引き起こすとされる活性酸素を水素イオンで効率的に除去できることを突き止めました。この結果生活習慣病の予防・改善に大いに有効であることが報告されました。
マイナス水素イオンの発生メカニズム
生物の生命維持エネルギーは、ミトコンドリアのクエン酸回路脱水素酵素反応です。
栄養素から出た水素原子は、ニコチン酸アミド(NAD+)+)と結合しNDAHとして存在。
水素原子はヒドリドイオン(H-:水素原子に電子(e-)がもう一つ付加されマイナスイオン化したもの。ハーバー生化学書より
NADH生成は、AH2から2個の水素原子がはずれ、1個のヒドリドイオンと1個の水素イオンができるNAD+AH2→NADH(=NAD++H-)十H+)
NADHが再び電子を放出し電子伝達系を通して、ATP合成酵素によって、ADPがリン酸化され高エネルギー物質ATPが産生される。

水素焼成サンゴカルシウムメーカーのご案内
■株式会社ヘアーインベスト 
〒141-0001 東京都品川区北品川6-2-5
ゼオライト、シリカ不使用、サンゴパウダー100%原料、水素焼成サンゴパウダーの開発に成功

ページの先頭へ

超音波噴霧器
HM-101 ¥31,290(税・送料込み)

HM101-2.jpg

空間除菌できるのはこれだけ!空気清浄機でできるのは機械のまわりだけ!

funmu.jpg

LinkIcon詳しくはこちら

カタログ請求

leaflet.jpg

メール:info@nik.or.jp